コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

発達障害者の就労を考える勉強会

今夜、初参加。期待していったが、期待以上に参考になった。

なにより参加していた方が幅広く、医者、臨床心理士、サポステのスタッフ、ハローワークのスタッフ、就労移行支援事業所のスタッフ、区の障害者支援課のスタッフ、TOSCAのスタッフなどなど。発達障害の就労にこんなに多くの人が関わっていることを知れただけでも良かった。

勉強会では、実際のケースをもとにして、そのあるべき対応を話し合った。文脈が判らないと何が書いてあるか判らないかもしれないが、僕が学んだ事のごく一部を箇条書きにすると、以下のとおり。

  • 目標を下げてあげるサポートが重要
  • 作業の多い作業所と、居場所作りの作業所がある
  • 抗てんかん薬の処方について
  • 事前予告をして、自分の限界を知ってもらう方法をとる
いつも感じていたことを上手に言語化してもらったり、まったく知らないことを教えてもらったり、とても有意義であった。
特に現場の最前線に立っている、ある区の職員の方の話が参考になった。人柄や状況に応じてはっきりと事実を伝えたり、あるいは時が事態の解決を促してくれるのを待ったり。また、上手に関係諸機関である医療や就労・生活支援組織などと連絡を取り合い、活用しながら、問題解決に動いていることを知り、その経験の深さ、引き出しの多さに驚嘆した。やっぱり現場ってすごいですね。

Kaien会社ウェブサイト  http://www.kaien-lab.com
ニュースレター登録  http://bit.ly/awLJVz
「自閉症スペクトラムの方向けのキャリア相談会」申し込み  http://bit.ly/985ume

###

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ