コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

Kaien発達総合研究所発達障害×ビジネス×シンクタンク

Kaien発達総合研究所とは

Kaien発達総合研究所(以下Kaien総研)は、「発達障害」「強みを活かす」「仕事」の3つをキーワードを軸に、①関係機関(企業・医療・福祉・大学)との共同開発、②福祉や発達障害に関するコンサルティング、③自社開発商品・サービスの事業を展開していきます。

当初は関連学会での発表や、発達障害についての書籍の出版、また教育・就職支援プログラムとアセスメント方法の開発をしてまいります。加えて、将来的には大きく発達障害の人の力を活かすのようなサービス・商品の開発を目指します。

例)福祉支援者をノウハウを学ぶためのAR/VRを使った支援器具の開発 → 世界初のSST VR 「emou(エモウ)」の開発協力。

協業・共同研究の可能性が高いもの
  • 研究の目的が明確であるもの。特に研究を通じて何かしらの製品・サービスの開発が見込まれるもの。
  • 何かしらの機関に所属している方(大学院・医療機関・企業・研究所・学会・公的機関等)の研究であること。特にグループの研究を歓迎。
協業・共同研究の可能性が低いもの
  • 大学での卒論・研究テーマ。
  • あるいは個人の趣味の範囲であったり、研究テーマや成果がはっきりしなかったりするもの。具体的には研究を通じてもその後の発展(製品・サービス化)が望めないもの。
  • その他コンプライアンスに抵触するおそれのあるもの。

現在のプロジェクト

RISTEX 国立研究開発法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センター「SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム

令和2年度採択 研究開発プロジェクト【シナリオ創出フェーズ】 (プレスリリース)
『発達障害の特性に関連する対処法を多様な脳特性に対応して自動提案する情報配信サービスの可能性検証』
研究代表者:佐々木 銀河(筑波大学 人間系 准教授) 協働実施者:鈴木 慶太(株式会社Kaien 代表取締役)

アドバイザー

宮尾 益知 (医学博士)
東京生まれ。徳島大学医学部卒業、東京大学医学部小児科、自治医科大学小児科学教室、ハーバード大学神経科、国立成育医療研究センターこころの診療部発達心理科などを経て、2014年にどんぐり発達クリニックを開院。

お問い合わせ

Kaien総研についてのお問合わせは kaien@kaien-lab.com までメールをお送りください。

閉じる
チャットで質問 チャットで質問
お気軽にご質問ください。