コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

講演・研修依頼発達障害に関したセミナー・研修のご依頼はKaienまで

主なテーマ

「発達障害」×「仕事・自立」をテーマにお話しています。主なご依頼元は行政・企業・支援組織・親の会などで、年間約30回、外部での講演を行っています。支援者向けの研修会も承っています。

 なお当社主催の企画として【Kaienペアトレ】10代以降の発達障害を考える『就職準備勉強会』を毎月開催しています。

講演・研修料の目安

  • 講演・研修料は当社では規定はございません。原則主催する企業・団体などの規定に従わせていただいています。
  • 目安としては、2~3時間で概ね当社フォーマットに基づく講演の場合、平日日中の場合は3~5万円、週末の場合は5~10万円となります。これに加えて交通費・宿泊費をいただくことが一般的です。
  • なお講演・研修料は個人への支払いではなく当社への支払いとなります。源泉徴収は不要です。株式会社Kaien宛に銀行振り込みにてお願いしています。

ご留意点

  • 可能な限りご希望の内容にアレンジさせていただきますが、当社の講演フォーマットを活用させていただく場合が一般的ですのでご了承ください。アレンジが大きい場合はご請求額に含ませて頂く場合がございます。
  • 講師の人選についてはご希望を承りますがご希望に添いかねる場合もございます。予めご了承下さい。

講演・研修のお申し込み・お問合わせ

今後予定している講演・研修

10/26 & 27 【学会発表】第7回成人発達障害支援学会ポスター発表『発達障害学生白書』から考える、発達障害学生支援の現状(金城学院大学 名古屋・守山区)
10/27 第2回 木を植える人。花咲かす人。「そしてゆっくり大きくなぁれ」(仙台・青葉区)
11/9 & 10 【学会発表】第28回日本LD学会 自主シンポジウム ①『発達障害学生白書』から考える、発達障害学生の就職活動 ②発達障害児者のためのVRを活用したSST の開発とその効果(パシフィコ横浜 横浜・西区)
11/11 川崎市 生涯学習財団「発達障害 理解講座」(川崎・中原区)
11/14 日本女子大学 教職員研修「発達障害の大学生に対する就労支援ー近年の動向」」(東京・文京区)
11/16 武庫川女子大学教育研究所・大学院臨床教育学研究科「臨床教育シンポジウム」(兵庫・西宮市)
11/19 第9回 横浜メンタルヘルスケーススタディカンファランス(横浜・西区)
11/21 東京都自閉症協会 『発達障害の人のためのお仕事ガイド』出版記念講演会(東京・杉並区)
11/29 NPO法人しょーとてんぱー(東京・武蔵野市)
11/30 私立通信制高校 「発達障害の傾向がある方向けキャリアガイダンス」(埼玉・さいたま市)
12/03 & 10 中央区地域家庭教育推進協議会 「子育てキャンパス 発達障害を考える講座」(東京・中央区)
12/07 筑波大学 インクルーシブ・リーダーズ・カレッジ(東京・文京区)
12/15 認定NPO法人エッジ 「2019年度LSA講座」(東京・港区)
12/18 神奈川県央地域若者サポートステーション「発達障がいの若者の就労支援を考えるセミナー」(神奈川・海老名市)
12/18 私立大学「発達障害の傾向がある学生向けキャリアガイダンス」(東京・葛飾区)
1/28 ワークサポート杉並・すぎJOB・すぎトレ「職場で役に立つ自己分析・コミュニケーション講座」※44歳以下対象(東京・杉並区)
2/18 筑波大学「ガクプロ出前授業」(茨城・つくば市)
2/20 & 21 山形大学「ガクプロ出前授業」(山形・山形市)
【参考】過去の講演・研修 → https://corp.kaien-lab.com/media-lecture/lectures-list

参加者から頂いた感想

支援の目線から

  • 今まで発達障害についてのいろいろな講演を聞いてきましたが、どれも福祉・医療・教育の側からの話しでした。ビジネスの側からのお話が聞けて目の覚める思いです。ありがとうございました。
  • 今まで聴いた講座の中で一番具体的でわかりやすかった。いろいろなヒントをいただきました。
  • 発達障害に係わる研修会等にはこれまでも参加してきましたが、実社会に直結した具体的なサポートを実践され違った切り口での内容で、大変充実していました。当地での展開を期待しております。
  • 日頃就労支援を行っているので、職場で陥りやすい罠というところにとても納得できました。ビジネスという視点を明確にもったお話でしたので、たいへん具体的で勉強になりました。支援に直接使える情報がありましたので、早速取り組みたいと思いました。
  • 思っていたよりも現実的であり、知識としても大変役立つ内容でした。働くことを現実に近づけるプログラムに感じました。
  • 発達障害の人が仕事場で直面する苦労がよく理解でき、今後の支援のためのアイデアがわいてきました。
  • 大変よい内容のお話を聴かせていただきました。発達障害の方の就労について悩んでおりましたが、同じ悩みをかかえた方々の団体や講師との出会いは何にも変えがたい成果です。
  • 20代30代の基礎に発達障害のある精神病患者を見ていて、就業までの道のりが険しく感じました。2次障害を発症する前に環境を整えてあげて社会へはばたけるKaienはすばらしいと思いました。
  • 沢山のヒントとパワーをいただきました。こちらでも事業をできるだけ早く広めてもらえたらいいなぁと思いました。期待しています。

ご家族の目線から

  • 今まで聞いたことのない訓練プログラムで参考になりました。
  • 小中高向けの塾・部活動(TEENS)に通わせたいと思います。ありがとうございました。
  • 先進的な取り組みをされている方のお話で非常に参考になりました。ここには発達障害に強い企業はまだまだなので今後是非Kaienに進出して頂きたいです。社会に有益な人として扱ってもらえるように。
  • 社会に出てからのことについて情報が少ないなか、とても興味深く聞き学べました。子どもが実社会で困ることについて、どのように助けられるか、感じとることができました。
  • 子どもは現在中学生なので、TEENSプログラムの体験はとても興味を持ってみました。家に帰ったら、早速子どもと一緒にKaienにアクセスしたいと思います。
  • 質問に丁寧に答えられていて感心しました。

ご本人の目線から

  • 大変勉強になりました。会社でも活かすことが出来ます。ありがとうございました。
  • 言葉の数々に自分の見えないものを見ることができました。Kaienのノウハウは当事者にとっては福音です。身をもって知る事ができたので大変よかったです。
  • 仕事につく、仕事を続けることができるようになるための実践的な支援のヒントを教えていただけたと思っています。ありがとうございました。
  • 仕事の構造化、定量化をすること、訓練をどのように具体的に行うかについてよくわかりました。
  • 当事者を就労へ結びつける支援を考えていたので、大変勉強になりました。
  • こういった講座には初参加でしたが、とても充実したものでした。ありがとうございました。
  • 訓練の最新状況が理解できました。ありがとうございました。

【参考】啓発活動 発達障害は様々な社会課題の根っこにある

ページの先頭へ