コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

(続)Google Glass 発達障害用の治具としての可能性

2014年9月27日

当社について。まずは利用説明会にお越しください。採用情報も下記から。

——–

先日、本ブログで紹介したGoogle Glassの発達障害への応用。

Google Glass 発達障害用の治具としての可能性
http://ksuzuki09.blogspot.jp/2014/09/google-glass.html

予告通りAutism Speaks(世界最大の自閉症啓発団体)の第7回自閉症カンファレンスで、Google Glassの説明がされた。深夜ではあったが、Ustreamでカンファレンスの模様を視聴。

国連事務総長夫人をはじめ、Distinguished Guests(お歴々の方々)が世界各国から集まったものすごいカンファレンスでした。表彰などが多く疲れましたが。。。
 

予定を大幅に押して始まったのが、Google Glassの説明。実際プレゼンをしたのはGoogleのチームではなく、ベンチャー企業でした。MITやハーバードで学んだPhDの人たちを中心にした今どきの企業です。かのテンプル・グランディンもGoogle Glassをかけて可能性を感じ取ったとのことで、米国らしい前向きなテンションでプレゼンが終わりました。

どうやら、現状のところ、
・古典的な自閉症の症状(目を合わせにくい、注意が散漫になる)などについて
・原始的(幼児レベル)なゲーム要素を使って
拡張現実の世界を提供するということにとどまっています。

むしろ僕が可能性を感じたのは、支援者が支援器具として使う形であり、かなりレベル差のある支援が収斂されていくのではという期待を感じました。

###

発達障害の強みを活かした就職・活躍を!
小中高生向け 学習支援&お仕事体験プログラム
TEENS新宿・横浜 (秋葉原計画中)
発達障害(含・疑い)の大学生向け 学外就活サークル
ガクプロ (2014年12月 新拠点で受入枠UP)
http://www.kaien-lab.com/gakupro/univ/
この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
閉じる
チャットで質問 チャットで質問
お気軽にご質問ください。