コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

生活保護と発達障害

2011年12月13日

『生活保護、職業訓練受けない人は停止 厚労省検討』(日経) 昨日のニュース。各紙で取り上げていた。以下記事から。

『就労支援ではハローワークの職員が生活保護の受給者に対する就職相談などを実施する。そのうえで合理的な理由がないのに、職業訓練を受けない人は生活保護を打ち切ることも検討する。』とのこと。

ハローワークでの臨時採用が増えるなど「支援者」に雇用とお金が増えるようにも読める毎度毎度のお上の対策っぽいなぁというところはスルーするとして、、、やっぱり気になるのは、発達障害について。生活保護を受ける層では知的に遅れがあったり、発達障害で(本人に気づきはないが)苦しいケースがあり、実は「支援者」という専門家の皆さまもそれに気付けないケースが多いと思う。

実際、今生活保護の申請のところには精神保健福祉士とか臨床心理士の人が入っているが、その人達によると発達障害がみられる申請者が相当数いるとのこと。うちに繋いでくれれば色々と対策が取れるケースもあると思う。どうやってこちらの存在を知ってもらうか、考えないと。

###

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
閉じる
チャットで質問 チャットで質問
お気軽にご質問ください。