コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

本が出ます。発達障害の子を持つ親支援。当社ウェブサイトをわかりやすく再構成

2018年4月3日

最終ゲラのチェックが今終わったところです。おそらく今月末(2018年4月末)までには出るのではないか?と思われます。

タイトル・出版社・価格・内容などなど

タイトルは出版社の方が最終的に決めますが『知ってラクになる! 発達障害の悩みにこたえる本』になりそうです。出版社は大和書房さんです。価格は…まだ聞いていません…。どのぐらいなのでしょうか?1800円ぐらいでしょうかね…。

当社のウェブサイト(大人向け子ども向け)から再構成された記事が多く、特にニュースレターのコーナー(大人向け子ども向け)をメインに載せています。

奇をてらわず愚直一筋!!

先行書・類書が多い分野です。とはいえ、今回の本。内容は奇をてらわず、まったく実直そのものです。(自分で言っても信憑性がないかもしれませんが…)

当社のウェブサイトを再構成したので無料で読めてしまう内容が多いといえばそれまでなのですが、一度見たことがある方はわかると思いますが、当社のサイトはジャングル…。どこに何があるか分かりづらいぐらい、記事があって探しづらいと言われます。実際、うちの社員でもしっかりと読み込めているかというと難しいでしょう…。

親向けだけど、当社ノウハウの(同業の皆さまへの)ダダ漏れでもある

今回の本は年代別にQ&A式でまとめていますので、読みやすさが圧倒的に違うと思いますし、自分の興味関心に当たりやすいのではないかと思っています。狙いは発達障害の子のいる親に現実と理想を上手く行き来できる力を与えられればという感じでまとめました。

が、これを読めば支援者としてもそれなりのことが言えてしまう(例えば保護者面談などで発達障害の子の現状への対策や将来への見通しなどを、この本のQ&Aをそのまま言えばそれなりに形になってしまう)と思われますので、同業の支援者の皆さまにも良い本かなぁとは思います。

仲のいい二人で書きました

なお自分が著者になっている本は3冊目。出版物を見ると毎年1冊ぐらいのペースで書いていることになります。

盟友?同士?相方?の飯島との共著は2冊目です。1冊目は昨年発売して評価いただいている『発達障害の子のためのハローワーク』。実は『発達障害の子のためのハローワーク』の続編!?を今執筆中で、夏頃に出るかもなぁという感じです。こちらもぜひご期待ください!

【参考】 発達障害オタクトーク ~放課後等デイ・TEENSの現状と今後~ 第1回

前回の目標は本屋大賞 今回は?

前回の目標は本屋大賞でした。ノミネートすらされませんでしたが、、、実は1万部を超える隠れた名著!?となっています。

今回の目標は、前の職場の大先輩である有働アナがNHKを退社されてちょうど月末に本を出されるらしいので、その本(『ウドウロク』)に負けない!にしたいと思います。

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
閉じる
チャットで質問 チャットで質問
お気軽にご質問ください。