コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

コロナウイルス関係 科学的で柔軟かつ慎重な対応を

2020年2月27日

就労移行支援の在宅訓練

川崎市は柔軟に対応してもよいというお達しあり。横浜市や大阪市は検討中。東京都はNGとのこと。

この段階で柔軟に対応できない行政って役割あるのかなぁ…と思いますが。これが我が国の政府・行政の限界でしょうか。悲しくなります。

一方で相談支援は電話やウェブ会議での相談も可能という判断が出たようではあります。

当社は社員の安全を守りながらも、就職活動や在職中の方を支援する方法を模索していきます。

(下記は過去のブログ コロナウイルス関連はこちら

障害福祉の時代錯誤!?非常事態でも認められない在宅利用

在宅利用が認められるきっかけに?

全国の公立小中高・特別支援学校の臨時休校を受けて

今更の対策がこれぇ…。しかも突然に…。「子どもの安全」とキーワードに人気取りにも思えて改めて悲しくなります。

ニュースによると厚労省は「学童は休まないでくれ」というご連絡だそうで支離滅裂な気もします。というか支離滅裂ですよね…。

当社としては、放課後等デイサービスは通常通りオープンの予定。むしろ長期休暇のときのように平日でも日中の開所を行うことも視野に準備中です。

下記は通所中の親御様に先ほど取締役名で送ったメールです。

+++

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、3月2日から春休みが明けるまで、全国の公立校の休校が本日決定いたしました。TEENSにおける対応の詳細に関しましては、協議をした上で明日の午前中に再度ご連絡をさせていただく予定ですが、基本的には感染予防対策をとりつつ開所する方向で検討しております。

非常に難しい決断ではございますが

  • 未成年については重症化しづらい傾向であること
  • 1ヶ月以上子どもたちの通い先がなくなることへのご本人、ご家庭への負担

この二点を考慮した際に、お子様が健やかに4月を迎えられるよう、安心して通える場所を確保しておきたいと考えております。営業時間を変更し、ラッシュ時間の移動を避けつつ日中の居場所をつくれるような体制を整えていく予定です。(今後自治体からの指示や、スタッフの勤務状況に応じて閉所させていただく可能性もございます)

なお、人が集まる以上感染のリスクを完全には避けられないことも事実です。健康状況に不安のある方は、引き続き無理をせずお休みいただけますと幸いです。ご不明、ご心配な点などございましたら、ご利用事業所までご連絡下さい。以上、何卒宜しくお願い申し上げます。

+++

追記:①入室時の検温+②咳などの疑わしい症状が無いこと+③睡眠時間など健康管理 の3点チェックでスタッフも利用者も入室の可否をしたうえで運営しています

 

文責: 鈴木慶太 ㈱Kaien代表取締役

長男の診断を機に発達障害に特化した就労支援企業Kaienを2009年に起業。放課後等デイサービス TEENS大学生向けの就活サークル ガクプロ就労移行支援 Kaien の立ち上げを通じて、これまで1,000人以上の発達障害の人たちの就職支援に現場で携わる。日本精神神経学会・日本LD学会等への登壇や『月刊精神科』、『臨床心理学』、『労働の科学』等の専門誌への寄稿多数。文科省の第1・2回障害のある学生の修学支援に関する検討会委員。著書に『親子で理解する発達障害 進学・就労準備のススメ』(河出書房新社)、『発達障害の子のためのハローワーク』(合同出版)、『知ってラクになる! 発達障害の悩みにこたえる本』(大和書房)。東京大学経済学部卒・ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院修了(MBA)。星槎大学共生科学部 特任教授 。 代表メッセージ ・ メディア掲載歴社長ブログ一覧

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
閉じる
チャットで質問 チャットで質問
お気軽にご質問ください。