コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

初めの一歩の難しさ

発達障害、自閉症スペクトラムの人たちを職場に受け入れている企業はまだ殆ど無い。(実際はすでに社員の中にたくさんいるんだけれども、本人も周りも気づいていないケースが多いのだが、意識的に受け入れる事例はまだ少ない、というのが現実である)

そんな中、その企業・職場にはじめて飛び込む自閉症スペクトラムの方がどのような評価を受けるかというのが、その後、その企業・職場でさらに多くの方が活躍するうえで、どうしても重要になる。ここ数日はそういったことを感じる。

初めの一歩は困難を伴なう

実はお客様からは諸々な印象が寄せられている。「拍子抜けするほど普通」(※付け加えるとすると、適職を与え、ちょっとした気配りさえすればということ)や、「すでに戦力になっている」という声がある一方、「現場の負担感が増している」ようだという声も聞こえてきている。

新しい職場にソフトランディングするのが自閉症スペクトラムの方の多くの方は苦手。その初めの段階をKaienが上手にフォローできた場合と出来なかった場合の違いだと思うが、どうしても本人の評価や自閉症スペクトラムの方の評価に紐づいてしまう。

Kaienでは定着支援をうたっている。特にはじめの1ヶ月が山。先週からある職場でリサーチ業務を始めた方にきょう午前あってきたが、今のところは順調そう。その職場でもっともっと自閉症スペクトラムの方が活躍できる素地を作れるよう、来月ぐらいまでは定着度合いをマメにチェックしたい。

Kaien会社ウェブサイト  http://www.kaien-lab.com
ニュースレター登録  http://bit.ly/awLJVz
「自閉症スペクトラムの方向けのキャリア相談会」申し込み  http://bit.ly/985ume

###

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ