コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

伝説のトレーダー

Kaienで働きませんか。応募はkaien@kaien-lab.comまで。

アップが遅れてしまった。

昨日の朝は伝説のトレーダー藤巻健史さんの講演へ。六本木ヒルズにて。藤巻さんは長者番付にのるほどのトレーダー。実はケロッグ経営大学院の先輩にあたる。

聞いたことのメモと僕の勝手極まりない感想。

アカデミーヒルズからみた東京の朝

欧米人から見て日本は「最も成功した社会主義国家」である
==>米国は資本主義でないと対極は社会主義と決め付ける人(特に共和党支持者)が多い気がする。社会主義なのかどうかはどうでもいいが、社会主義のフィールドでも残念なのは現在では「最も成功」しているかがわからなくなってしまったところである。。。

日本経済の停滞の根本的な理由は円高
==>実は為替については僕は予想を外れてばかりなのだが、少なくとも今のレートは違和感がある。(日本で買えるサービス・モノと、他国で同じ値段で買えるサービス・モノに差があるような気がする) でも藤巻さんが言っていたように円安になったら日本の製造業などが復活するような気は、すくなくとも僕の周囲で働いている現場を見るかぎりはしないのだが。。。

日本人は優秀
==>その通りだと思う。優秀なリーダーもいる。でもなぜか大企業に囲われるケースが多いので本来の力が出せない。それが僕が周囲を見て感じるところのもう一つ。

日本国債が売れ残り、日銀が引き受けざるを得ない(禁じ手であり、法律違反)。その結果ハイパーインフレになるが、膿を出しきり5~10年後に経済はV字回復
==>僕も経済学部出身なのでそう習った。セオリー通りだと、ハイパーインフレになるはず。でも僕のまったく根拠ない予想だが、日銀が引き受けても今の時代はそこまでのインフレが起きない気がする。(※そもそも金本位制から外れるときも、タダの紙切れを誰が信じると言っていた人がいたらしいがみんなは紙を信じた。そもそもなんで金(きん)が本位になれていたのかが僕にはわからないのだが・・・。石油本位制ならなんとなくわかりますが。。。)なので膿は出せずに日本の変化はどんどん遅れるかなと思う。

インフレは債権者(国債の場合結局は多くの場合国民)から債務者(国債の場合は国)への所得移転。税金は国民から国家への所得移転。なので増税とインフレは同義ともいえる。

==>なるほどです。

米国=米ドルは依然強い。
==>そう思う。米国は優秀な人が勝手に流入してくれるので、息吹を感じやすい国で在り続けると思う。教育産業をリードしているのはなによりも大きい。インドや中国・韓国の若者がこれからもどんどん流れていくだろう。

取り付け騒ぎの時に備えて、資産家はドル資産へ、あるいはインフレ調整される株や固定資産へ。若者は外資系で働いて外貨でサラリーをもらうために英語の勉強をすべき。
==>国内で零細企業を経営する資産家でない場合はどうすれば良いのだろうか???

Kaienで働きませんか。応募は

kaien@kaien-lab.comまで。


###

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ