コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

名探偵コナン「真実はいつもひとつ」は誤り!?

発達に凸凹がある人と接していると、子どもはもちろん、学生ぐらいまでは、以下の2つで9割がたのニーズがつかめるような気がしている。特に男の子。それは、、

  • 第1位 鉄道
  • 第2位 ポケモン

第3位はなかなか距離がある感じだが、「名探偵コナン」はかなりいい線行っていると思っている。なぜかわからなかったが、今日、ある若者と接しているときに「なるほど~」というエピソードがあった。

就活サポートの面談の最中。就活本のAでは「採用面接の最後に必ず質問をしろ」と書いてあり、就活本のBでは「質問はしてもしなくても構わない」と書いてある。どちらが正しいのか?という相談をされた。

その時、驚くことに「コナンは『真実はいつもひとつ』と言っているのに、、、」というのでたまげた。というより笑ってしまって、ブログにこのエピソードを書きたいので書かせてくれとお伝えした。ご本人は必死で真面目なので申し訳ないのだが、、、

「真実と事実の違いを知らない」傾向があるのが発達凸凹の人たちと僕は思っている。つまり学校の世界では一つの正解を求める場面が多くその場やルールに適応できている。が、いわゆる社会人になって仕事の世界に出ると、同じ場面や現象を見ても様々な事実の解釈があり、一つには収束しにくい。だが、発達凸凹の傾向があると、やはり多面的な事実に不安定さや不確実さを感じ、一つの正しい解を求めたがるような気がしている。ストイックで美しいのだが、時と場合によっては一つの真実にこだわりすぎると、人間社会では自分が損をすることも出てきてしまうと思う。

コナンがTEENSやガクプロの子たちに響きがちなのはひょっとしたら「真実はいつもひとつ」という決め台詞に惹かれているのかも。。。と朝の新宿事業所で思ったのでした。

###

発達の凸凹を活かす! 学習支援&お仕事体験プログラム
TEENS横浜 6月オープン
 
発達障害の強みを活かした就職・活躍を!
Kaien横浜 5月オープン
この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ