コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

フランチャイズ・パートナー加盟募集Kaien・TEENSのノウハウを活用したい福祉経営者の方々へ

●なぜ今 障害福祉か?メリットとデメリット

障害者の支援は社会的意義が高いと言われます。たしかにその通りです。困っている度合いが高い方が自分の人生を自分の力で歩む部分のお手伝いができること。何よりも心から感謝して貰える仕事であること。職業人として経営者としてやりがいのある仕事です。

一方で事業所間の競争は激しくなっています。公費が投入されていることから安定した事業と言われている割には参入障壁が低いことが要因でしょう。初期投資も少なめですし、福祉の分野で働きたい人は一定割合いるため社員の頭数を集めるのにはそれほど苦労しないからです。

このため少し前までなら社会福祉の分野では考えられなかった”障害者の奪い合い”が起きているのが実情です。利用者の確保のために、支援そっちのけで集客に追われる事業所が増えています。ウェブサイトを作らないといけない、行政・医療・福祉機関を回って事業所の名前を覚えてもらわないといけない、という活動ばかりしている社員が増えているのです。

もちろん最終的には専門性が高く、独自性が高い事業所が生き残る可能性が高いでしょう。しかし障害福祉業界で上場企業も複数出て、事業所による力の差が明確になっていく中、どのように事業所の専門性・独自性を磨いていくのか。仮に中身に自信があってもどのように告知していけばよいのか。日々悩まれている福祉経営者の方は新規・既存の事業所を問わず多いはずです。

また福祉には障害福祉課などの行政対応があり、法改正の影響も受けやすいという特殊性があります。また福祉で働く人たちは転職しやすく、また感受性が高すぎて精神的に並みがある人が多いことも知られています。スタッフ管理も一苦労です。

つまり参入しやすく本来は安定しやすい事業内容であるはずが、実際運営してみると困難に直面する例が後を絶たないのが、障害福祉分野の実態です。

●Kaienが提供するものは?

福祉サービスとして良質なものを提供しながら、経営的にも安定するためにはどうしたら良いか?当社も日々悩み苦しみながら、その時々にあった運営スタイルやプログラム内容を作り出しています。フランチャイズ・パートナー制度では、当社のノウハウの根っこにある、利用者向けプログラムと支援者向けの研修内容を提供しています。

すべてを受け入れることでKaienの就労移行支援やTEENSの放課後等デイと同等のサービスを提供できる可能性が一気に高まりますし、一部を導入して既存事業所の質を向上させることも可能です。

集客では発達障害の各キーワードで上位に食い込む当社サイトからの流入が期待できます。独自に開発したKaien・TEENSの教材や利用者のアセスメントツールといったプログラムだけではなく、社員研修に活用できる資料や機会の提供を行います。特にフランチャイズでは障害福祉事業に関心がありながらまだ専門知識がない経営者の方に立ち上げ支援・運営支援も行います。

●具体的なサービス内容

主に就労移行支援や放課後等デイサービスを行うためのノウハウを提供します。

●フランチャイズとパートナーの違い

パートナーは既に福祉事業を経営されている福祉事業主様向けのものです。既存のサービスに当社のノウハウを付加して頂く形になります。

一方で、フランチャイズは福祉事業未経験の経営者でも、自信を持ってサービス開始が出来るようにしています。パートナー企業に提供するサービスに加えて、福祉経営面のバックアップをするだけではなく、KaienやTEENSの使用権も活用できます。(※他の事業での経営経験のある方を歓迎しています)

現在の導入企業・団体は下記ページをご覧ください。

【参照】フランチャイズ・パートナー一覧

●料金と導入までの流れ

料金はパートナー契約は①事業所当たり3.8万円(月額)+税です。フランチャイズは6万円(月額)+税金です。また設立支援をご希望の場合はこれに加えて200~300万円ほどのコンサルティング料が工数によってかかります。(料金は2018年2月現在)

仮登録 オンラインフォーム: https://goo.gl/forms/92TUeOyHZ422GA8u2
お問い合わせ: kaien@kaien-lab.com
ページの先頭へ