コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

ガクプロ・TEENSの親御さんと特例子会社見学ツアーKaienとお付き合いのある発達障害の人が働く職場訪問

 KaienではMeetup(ミートアップ)というセミナーを不定期に開催しています。

 昨日金曜はガクプロblank_blue(発達障害のある大学生・専門学校生向けの就活サークル)とTEENSblank_blue(発達凸凹のあるお子様向けの学習支援&お仕事体験)の親御様限定のイベントである『特例子会社 見学ツアー』の第1弾で六本木まで行ってきました。

 具体的な企業名は公開してよいか確認し漏れてしまいましたが、当社の就労移行支援blank_blueの修了生が相当数になっている企業さんです。1,2年前に修了した懐かしい顔に会えて、かつ彼らが成長していて感慨深いものがありました。

 この仕事をしていて一番うれしいことは何ですかと聞かれることがありますが、就職した時よりも、その後に会ったときに成長を見られる時がやはり良いです。山谷ありながら目的や楽しみをもって一日一日働くのは就活で内定もらうよりも難しいですからね。

 それにしても単なる特例子会社の訪問ではなく、さすがに急成長されている会社で(障害や特例という言葉を抜きにして)経営や人材育成、一人一人とのコミュニケーションというあたりでとても参考になりました。

 帰りは創業の地、麻布十番によって帰りました。個人的には発達障害に関する啓発はこういうブログなどよりも一人一人社会で(御幣を恐れずに言うと普通に)活躍する人をコツコツ増やしていくことが一番効くと思い続けています。特例子会社ではその”作品集”を見ることが出来ましたし、その出発点となった麻布十番に寄って初志を確認できたのもあり、収穫の多い一日でした。

麻布十番 Kaien

このビルの一室でKaienは始まりました。

 

 さて、この「特例子会社見学ツアー」は第2弾もすでに満席になっています。そもそも満席を超えて、応募倍率が10倍近くに達してしまいました。保護者の方が(通常なかなか見学できない)特例子会社を見てみたい、うちの子が働く様子をイメージしたい、というニーズは強いなと感じています。先方企業の方の負担が大きいのでちょっとずつですが、今後も少しずつ開催していく予定です。

関連ページ

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ