コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

Kaienで「資本主義」を推進する仲間を探しています

今週末は自閉症スペクトラムに関する「海外メディア情報」も書けなかった。連休明けを目処に、Kaienのサービス内容を見直し、それによって内部のオペレーションも変えようということで、いっぱいいっぱいになりつつある。自閉症協会での被災地支援のプランを書いたり、会議に出たり。。。時間というよりも頭が追いついていない。。。シンプルに考えたい。

今のKaienの業務。5人が事務所の内外で稼動してくれている。まだスタッフの好意で手弁当に近い状態で頭の下がる思い。おかげでだれも今まで挑戦しなかった壁に挑戦し続けられている。

とはいえ、そろそろ人手が足りなくなったのは事実。なかなか知見を共有しにくい「Kaien式」だが、会社の組織、働き方としても「複製」ができるようにしないと、いつまでも個人事業主に毛が生えたままで終わってしまう。日本の若い人がよく使う言葉を借りると、「スケールアウトを考えないと!」ということだろう。これから国内はもちろん、外国にも広めていきたいと思っている。

仲間を募集するという話。フルタイムでまず一人からになりそう。

Kaienには興味を持ってくれる人も多い。事実、今力を貸してくれている人の2~3倍は、過去1年でKaienの事業に直接協力してくれた。ただ、残念なのが定着率が非常に悪いこと。率で言うと25%ぐらいということになる。。。うーん、低いなぁ。

理由は色々あると思うが、一番は僕が未熟なこと。もうひとつはKaienのアプローチや思考がこれまでの福祉の方法と(おそらく)かけ離れていること。当然共通することもあると思うし、意識的に違うアプローチをとっているわけではないのだが、そのギャップが想像以上らしいことである。ひとでなし、と言われたことが何度あったか。

なので今回も「仲間」を募集する際は、ひとつは僕に愛想をつかさないぐらいオトナな人。そして、Kaienの目標・ミッションに共感してくれるだけではなく、アプローチにも共感してくれる人を探さないといけないと思っている。前者(理想の共有)は簡単だけど、後者(現実の理解)は難しい。(※もっと難しいのは1点目かもしれないけど。。。) そういえば、デンマーク、Specialisterne社のThorkil Sonneも「理想と現実を行き来する力が必要」と言っていたが、まさにそんな感じがしている。

僕がもっとも好きな「宗教」は資本主義。今後も資本主義が当然世界を席巻し続けるだろうけれども、その資本主義を進める人と一緒に働きたいと思っている。自閉症スペクトラムの力を上手に活かす、というのが具体的なお題。

お気づきの方もいると思うが、ビル・ゲイツがダボス会議で話したCreative Capitalismに影響されている訳である。利己主義によって世の中は明らかによくなっているが、まだその進歩が足りないし、スピードが遅い、という思想。次のステップとしては資本主義を一歩進めないといけない、という話だと僕は理解している。

日付が変わってしまった。今日も頑張ろう。

仲間に興味を持たれた方はぜひ僕にご連絡を。ダイレクトなメールアドレスは ksuzuki@kaien-lab.com です。

Kaien会社ウェブサイト  http://www.kaien-lab.com
YouTubeチャンネル http://www.youtube.com/user/KaienVideo

ニュースレター登録  http://bit.ly/awLJVz 
会社・サービス説明会 申し込み  http://bit.ly/iigVrY
###
この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ