コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

Kaien大阪 設立日記⑥関西10連泊で設立準備 就労支援事業所Kaien大阪天六オープンまで1ヶ月を切りました

2018年5月7日

首都圏で発達障害に特化した支援事業を展開している当社Kaien。来月(2018年6月)大阪に拠点を立てようと奮闘中です。設立日記⑤は前回に引き続き事前準備についてです。

【参考】Kaien(就労移行支援について)
【参考】ガクプロ(大学生支援について)
【参考】TEENS(放課後等デイサービスについて)
【参考】Kaien大阪 設立日記⑤

関西に染まりに染まった10日間

今年のゴールデンウイークは10連泊で関西での仕事となりました。連休を利用して、利用説明会・個別相談といったご利用希望者向け対応のほか、採用説明会や面接、さらには什器・備品の購入・搬入や設置・片付けなどをこなし、東京に帰る新幹線内でブログを書いています。出来ないところ、足りないところもまだまだありますが、今のところ設立準備は100点近い満足度で進んでいます。消防の設置工事が順調に進めば6月1日で認可が降りると思われます。最後の詰め、しっかりやっていきます。

なお東京滞在は3日ほど…。今週末から来週にかけても大阪に泊まりますので、なにかありましたらぜひお声がけ頂けますと幸いです。

大阪事業所は”天六”に 天神橋筋六丁目駅近くに6月オープン予定
就労移行支援事業「Kaien大阪天六」をよろしくお願いします ガクプロもオープン予定

ネット工事は来週ですが、今週は残り誘導灯と消火器が設置されれば事業所としてほぼ完成です。

就労移行支援 約10人からスタート予定

Kaienも以前は利用説明会すら予約ができない時期もありました。もちろん色々と業界他社も研究・努力され、当社も新しさを失わないように常に前進しないといけませんし、特に関西ではまだまだKaienやガクプロといったサービスを知らない人だらけですので、徐々に認知度や利用者を増やしていきたいなと思っています。

とはいえ、既に10人程度の方が就労移行支援を希望いただいていますし、今月までにもう少しその利用希望は伸びるかと思いますので、近い内に満員に近い状態になるのではと期待しています。やはりたくさんの利用者に来てもらえることは何よりも嬉しいことです。そして一人ひとりと利用前の事前相談をするなかで、こういう支援をしたいというイメージが膨らんできます。これからは求人開拓にも精を出さないといけません。

ご利用希望の方はまずは説明会にお越しください
ほぼ毎週開催中 個別相談のご予約も可能です

ガクプロも6月から体験セッション開始

ガクプロはこれまで継続して現場に入っており、大阪天六でも引き続き鈴木が担当していく予定です。大阪で利用説明会を開くと驚くのが学生やその親御さんの参加率の高さです。もしかしたら半分近くはその層かもしれません。

大阪にはエンカレッジさんが既にいらっしゃいますが、当社へのニーズもあるのだと少し驚いています。当社ならではのサービスをどう提供できるか、東京や神奈川で行っているガクプロをベースにしつつも、関西のニーズを見逃さないようにしていきたいと思います。

ガクプロの体験セッションは6月からを予定
ご予約はウェブで承っています

社長ですが一兵卒としてKaien大阪天六の支援に加わります

既にこの設立日揮のシリーズで書いたかもしれませんが、Kaien大阪天六の開設にあたっては、私も現場の支援員としてほぼ毎日大阪の現場にいる計画です。それが3ヶ月になるのか6ヶ月になるのかは、現地で採用したスタッフたちの成長次第ではあります。採用活動もある程度見通しが立ってきましたが、引き続き子ども向けのサービスなど関西での当社事業の展開を考えていますので、採用に関する会社説明会も行ってまいります。次回は6月1日に開催予定です。

Kaien大阪天六 開設スタッフ募集
~発達障害の長所を活かした就労支援を関西に~

食い倒れレポート Kaien大阪天六近くのランチ情報

タスクに追われる日々が続き、なかなかのんびりとご飯を食べる時間がありません…。いつものことながら、”七色のレストラン”と勝手に命名しているファーストフードにお世話になる日々です。ちなみに七色のレストランとは、マクドナルド、松屋、吉野家、すき家、王将、やよい軒、コンビニを指します。

Kaien大阪天六はその点、”七色のレストラン”の6つまでが徒歩3分以内にずらっと揃っており、ランチ事情は(個人的には)驚くほど充実しています。セブンイレブンに至ってはビル内にあり、テナント専用の出入り口から入れるので雨にも降られません!!当社オフィスが、商店街日本一と言われる天神橋筋商店街から歩いて1~2分という立地もあるのでしょうか。本当に良いところを選んだなぁと食事のたびに思っております。

”障害”福祉ということで障害のある方が利用するということもあり、行政からは同じビル・フロアの方々には事前にご説明に上がるように指導されています。その時のご挨拶の品として選んだのがこちら。東京から来ましたよということでわかりやすさを重視しました。とはいえ、当社は銀座にはオフィスはありません・・・

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ