コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

Echoing Green 英語での電話面接

米国の社会起業家支援団体のフェローシップに応募している。書類による一次審査は通って現在二次審査中。これまでの経緯はこちらから。

先程、二次審査の(最大の難関である)電話面接が終わった。20分程度。Skypeの予定だったが、最終的に上手につながらず通常の電話インタビューになった。

結果は、、、惨敗。あちらの質問を理解するのはさすがに問題なかった。だが、自分の口から英語がこれほど出てこなくなっているとは。。。相手の失笑をかったほど。悔しいがこれが実力である。MBAで使うビジネス英語に比べて、職業トレーニングや人材紹介、これからの自閉症スペクトラムをめぐる動きを伝える英語は、なにぶん単語や表現が違いすぎるというのが一応の言い訳。

いい機会になったと信じ、今日のこれからの仕事に頭を切り替えよう!

Kaien会社ウェブサイト  http://www.kaien-lab.com
ニュースレター登録  http://bit.ly/awLJVz 
「自閉症スペクトラムの方向けのキャリア相談会」申し込み  http://bit.ly/iigVrY
###
この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ