コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

「発達障害者への賛歌」

というタイトルで、12月に札幌で公演をすることになった。12月は講演っぽいものが(僕にしては多い)3つもあり、そろそろ台本を用意しないといけない。毎回毎回違うネタを用意していると疲れてしまう。。。。

どういう台本にしようかなと迷走していたときに、「しきる」技術-誰にでもできる超実践リーダーシップ、を出版されたばかりの克元さんと今夜お会いして、色々と教わった。

ITの職場にいる
発達障害「っぽい」SEの方には
この本、とても良いはず。
そういう目的で書かれた本では
ないですが…

考えてみれば当たり前だが、本の企画書と講演のストーリーは似ているはず。そういえば、大学や大学院の授業も(教授が自ら執筆した)教科書の内容を、講義は音声化しているだけのものが多かった。。。

まあそれは反面教師なのかもしれないけれども、メッセージは基本的には一緒のはず。せっかく講演を依頼されているので、本の執筆と絡めてより良いものをお届けできればと思う。

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ