コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

発達障害は治らないから診断しない・・・

Kaienは、発達障害の診断の有無にかかわらず、また障害者手帳の有無にかかわらず、つまり発達障害と自己診断した層も排除せずにお会いしている。

よく相談者から聞く言葉が「発達障害は治らないから、診断しても意味が無いので診断しないと言われました」という精神科医の説明である。今日も相談会に来た人から聞かされた。

理屈に合っているようで、ちがう気がする。発達障害の傾向があると白黒はっきり付けたい人が多いので、そもそも曖昧な診断はストレスになってしまう。また治るために診断して欲しいわけではないと思う。治るためではなく、対策を考えたいがために診断を受けたいのだと思う。

医者としては発達障害とわかるとそれまでの診断を覆す必要があったり、実は過剰投与していた薬を少なくしないといけないから、もっともらしい理屈をつけるのだろうかと訝しみたくもなる。

 ###

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ