コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

改めて自閉症スペクトラムを考える

久しぶりにブログ。土曜日はKaienの1周年パーティでバタバタ。日曜日から今日にかけてはなんだか気分と体調がすぐれないなぁと思っていたら、風邪を引いたことに気づき、かえって落ち着く。で、仕事も一段落してエントリー。

今日は細かな仕事が多くあまり生産的ではなかった。そんな中、産労総合研究所『人事実務』さんの取材を受ける。障害者雇用、その枠中での発達障害者の就労問題について。11月15日号の企業訪問という欄で4ページに渡ってカバーしてもらえるとのこと。その他今日は自閉症スペクトラムの方とメールでやりとりをしたり、電話で話を聞いたりした。

発達障害のことについてジャーナリストの方に話したり、あるいは自閉症スペクトラムと診断を受けた当人と話していて改めて感じたのが、自閉症というのは多様な特性であるということ。ある人でこれでOKだったからと思って接してしまうと、別の人だと怒りを買ってしまうこともある。人間は本来ものすごく多様なのでごく当然のことだが、そのバリエーションがより豊かであると思う。

自閉症スペクトラムの診断は難しいと言うが、それはそのとおりだと思う。共通点は確かにあると思うが、ここまで個別に違うのだから。。。逆にいうと過去の研究者には、共通する点をあぶり出し、診断基準をよく発見できたなぁと、頭が下がる思いがする。それがなかったらKaienも今頃暗中模索だったと思う。

そういえば、東京都自閉症協会の理事長から電話が入った。同じ自閉症スペクトラムの方と別々の場であったのだが、僕が理解したよりも遥かに深くその方のことがわかったという。継続は力なりと言うが、ほんとうにそうだと思った。

10月1日から第2期の訓練が始まるが、ガチンコに4人の訓練生と、そして講師・スタッフと切磋琢磨して、Kaienより良い充実した場にしていきたい。

ちょっとまとまらないが、今日はこのぐらいで。

Kaien会社ウェブサイト  http://www.kaien-lab.com
ニュースレター登録  http://bit.ly/awLJVz
「自閉症スペクトラムの方向けのキャリア相談会」申し込み  http://bit.ly/985ume

###

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ