コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

半歩先を見て、半歩後の言葉で語る

当社について。まずは利用説明会にお越しください。採用情報も下記から。

——–

モドキが増えている!?

お世話になっている都内の精神科医を訪ねたところ、「鈴木さん、これ見て」と言われて渡されたのがチラシの束です。写真はごく一部です。

負けていられません!!!

『発達障害に特化』とか、『職場に近い雰囲気』とか、『交通費支援』とか、『凸凹を活かす』とか、Kaienをまるで真似したような、発達障害の専門性を売りにする就労移行支援機関が増えてきているよ、という警鐘でした。

交通費の支援の額まで一緒で、本当に当社を研究しているのだなぁという感じです。表現とかプログラム内容、運営方法まで模倣されて気持ち悪さが無いわけではないですが、競争社会なので、パクられるのは当たり前。

以前も書いた通り、真似されるということは良いことなので自信を持つことと、更に良いものを出して業界を一段高いところにもっていく力になりたいと思っています。

since Windows just copied the Mac (※)
http://ceo.kaien-lab.com/2015/04/since-windows-just-copied-mac.html

意地というものがあるのです

http://ceo.kaien-lab.com/2015/04/blog-post_94.html

半歩先を行く

こういう時に思い出すのが、「半歩先」という言葉です。

当社の就労移行支援の修了生が数十人就職を果たしたサザビーリーグさんは、「半歩先」が持ち味。以下の日経のインタビューの中で創業者の(くしくも)鈴木さんがおっしゃっているように

「前向きな普通生活者に向けて『半歩先』を提供するということだ。1歩先でも、特殊な人だけが見える10歩先でもいけない。皆の気持ちがなんとなく今に満足してないなかで、ぽんと出てくるのが良い。」

とのこと。普通生活者を発達障害の人たちと置き換えるとそのまま当社の精神として目指す部分かなと思います。

サザビー流、「半歩先」 ライフスタイル次々創造|日経カレッジカフェ
http://college.nikkei.co.jp/article/45333910.html

Kaien 事例紹介
http://www.kaien-lab.com/clientneeds/case_clientneeds/#szl

サザビーリーグHR社の横浜の前事業所
(雇用が伸び、すでに手狭になって他に移転されています)

つまり、今のKaienをまねされることもいいのだけれども、当社はきちんと半歩先を読んで手を打っていけば、おのずと業界のユニークな存在として価値を提供し続けられるのだと思っています。半歩先を見るのは業界他社を見てはできないこと。また消費者からアンケートを取ったって半歩先というのは見えないもの。最終的には現場で声なき声を上手に拾うことだと思っています。なので僕は現場を離れづらいのですよね。。。

NHKの入社試験の時に言われた言葉 『半歩先を見て、半歩後の言葉で語る』

実はこの「半歩先」というのは僕の中で結構なじみがあります。というのも、あのNHKの入社試験の時に言われた言葉だったからです。たしか2次面接だったかなと記憶しています。どういう文脈だったか忘れましたが、
「NHKというのは保守的に見られるかもしれない。でもそれは表現の問題。我々は半歩先を覗き見ながら、それを半歩後の言葉で伝えるのが得意」というようなことだったと思います。
一歩二歩前のことを伝えても荒唐無稽に思われるし、当世風の言葉で語っても広い層に納得感が無いので、半歩先を見て、半歩後の言葉で、となるのでしょうね。僕も一応NHKイムズは入っているつもりなので、Kaienでも半歩先を見ながら、半歩後の言葉で語っているつもりでいます。
昨日自宅を整理していたら、1枚だけ出てきたNHK鹿児島時代の名刺
10年前はこれを使っていたのかぁと つい片付けの手が止まりました。
とはいえ、半歩先を見つけるのは難しい。特に発達障害というかなり変化の激しい世界では、ほんの2、3年前の非常識が常識になることもしばしば。
たとえば、きょう午前は放課後等デイサービス(TEENS)の利用説明会をしたのですが、数年前だったらかなり細かく説明していた制度の説明はかっ飛ばしても問題ないぐらい親御さんたちに広まっている制度になっています。
福祉の世界も進化の速度が世間一般並なことに誇らしさもあり、気が引き締まる感もあり。絶えず現場で今日のような微妙な変化を見極めながら、半歩先を意識してサービスを作っていかないとなぁと感じています。

###

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ