コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

ナビゲーションブックに思う

NHKの記者から「Kaienさんの訓練生評価シートは、障害者職業センターさんのナビゲーションブックと一緒ですよね」と先日言われた。最近、自分の能力が低下して(?)細かい説明がうまくできなくなっているので、「まあそう考えていただいて結構です」といった記憶がある。

が、今日、キャリア相談会に参加した人に、ナビゲーションブックを作るためにメモをしたというA4で5,6枚の紙を見せてもらって驚いた。「うちの評価シートと、明確に違うなぁ」ということがわかったから。違う点は、当事者目線か、管理者・人事目線か、という点。

ナビゲーションブックというのは言葉通り、自分をナビゲート、導く為の本。発達障害者向けに、国の研究機関が開発したもの(のはず、僕の理解によると。。。) 今、全国の障害者職業センターで活用されているらしい。前述のA4の紙には、自分がどういう障害があり、どういうことが出来なのか、かというのを事例込みでいくつも書いてあった。書く過程で、障害特性を受容するプロセスになっている、ようである。

障害受容(というかKaienでは特性受容)というのはたしかに重要。でもそれは自閉症スペクトラムに限らず、どの人もすべき。しかもいいことも書いたらいいと思うのだけど、やはり『障害者』職業センターの業務は、障害というところにピンポイントにターゲットを絞っているようである。あれを書いていくのは結構辛いだろうなぁと思った。自分の弱い部分に向きあうことになるので。。。少し強引な手法の気もするが、たしかに当事者目線で考えさせているのだと思う。

Kaienの場合は、人事や現場の人の評価システムに近いように作っている。なのでたしかに自閉症スペクトラムの「障害」特性に関する項目はあるが、全体的には普通に職業人としての評価シートにしている。上から目線といえば上から目線である。仕事を一緒にしていく上で困らないようにという発想はナビゲーションブット同じだと思うが、Kaienのシートは、極端に言うと当事者目線ではないので、優しさが足りないかもしれない。でも組織の一員となる上で、やはり管理職の人が分かればいいんじゃないか、という発想でつくっている。

まだまだ完成はしていないが、Kaienの現在の評価シート
どちらのアプローチがいいかは人によって違うと思う。ただ違う部分がわかってよかった。月末には障害者職業センターが属する独立行政法人の高齢・障害者雇用支援機構さんの研究発表会にお招きいただいているので、当日は機構の方とこのあたりを議論出来ればと思う。
Kaien会社ウェブサイト  http://www.kaien-lab.com
ニュースレター登録  http://bit.ly/awLJVz 
「自閉症スペクトラムの方向けのキャリア相談会」申し込み  http://bit.ly/985ume
###
この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ