コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

ブリッジコンサルタント

今日は秋葉原で3人、(来週開設予定の)つくばで6人の方にお会いした。当社の訓練プログラムに興味を持つ方々だ。面談は、色々とその人の職業人生を想像できる場なので、最近はあまり疲れず、楽しい。

そこでスタッフ側で同席した方から、どういう視点で面談をしているのかと聞かれた。その時は、なんだかもっともらしいことを答えたのだが、上手に説明するのは難しい。(※詳しくは『発達障がい者就労支援セミナー 就労に向けてのアセスメント編』で数時間掛けて来週月曜日にお伝えするつもりだが、それでもクリアに伝わるかが不安である。なおこのセミナーはおどろくべきことに1ヶ月ぐらい前に募集数日で満員になってしまったので、今準備にプレッシャーがかかっている。。。)

一文でまとめると、常識を一度自分の脳みそから落としつつ(※発達障害の人の視点を理解するため)、しかしながら、常識を頭のどこかで羅針盤のように感じながら、ズレの種類と程度と、必要ならばズレの縮小方法を考えるという感じである。

当社の職種では『ブリッジコンサルタント』の役割の一つであり、今週から数カ月ぶりにこの職種をオープンにしている。ブリッジコンサルタントとは・・・ Kaienの核となる発達障害の専門家です。発達障害と一般社会をつなぐ橋(ブリッジ)の役を果たします。(・・・続きはこちら) というもの。

実際にジョインして頂くタイミングは半年程度先(来春)になりそうだけれども、良い人を探すには時間がかかると思うので、早めにオープンにしている。常識を都合よいタイミングで頭から外せる人が来て欲しいと思う。(いわゆるゼロベース思考というものに近いかな。)

###

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ