コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

職業選択の自由で不幸になる?

以前こんな記事を書いた。

職業偏差値と良質な主観
http://ksuzuki09.blogspot.jp/2013/12/blog-post_11.html

要約すると、大学まであった偏差値は就活では存在しない(自分の評価がしずらい)。そんな中で星の数ほどある企業から選ばないといけない。決められればそれをコツコツする人たちにとって、就活の際に選択肢が多すぎることでかえって不幸になる人が(特に発達障害の傾向がある人の中に)多いのではないか、ということである。

TED動画を見ていたら、ちょうど同じようなこと(選択肢の多さが不幸さにつながる)をわかりやすくまとめているプレゼンがあった。やはり現代社会は選択肢が多いことで不幸になっているようであり、これは先進国共通らしい。この現象をより感じやすいのが発達に凸凹がある人だろうなぁというのが僕の所感です。

以下の動画(バリーシュワルツ氏が語る「選択のパラドックス」について)ぜひ見てください。

###

発達の凸凹を活かす! 学習支援&お仕事体験プログラム
TEENS新宿・横浜 (秋葉原計画中)
 
発達障害の強みを活かした就職・活躍を!
この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ