コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

鉛筆と消しゴムと下敷き

当社について。まずは利用説明会にお越しください。採用情報も下記から。

——–

今週も2,3度ありました。「ああ、この人も鉛筆と消しゴムと下敷きを使っている」という場面。

Kaienで大人や大学生の発達障害の人と接していると、かなり高確率で鉛筆と消しゴムと下敷きを使っています。僕の感覚では、日本で暮らす大多数の人は中学生から高校生ごろには3点セットを卒業し、大学生や社会人ではボールペンなどに染まっていくのだと思いますが、なかなかその遷移が発達障害系の人には見られません。

理由は単純明快で、決まり事に従う力がある、周囲に流されないという特徴があるということだと思います。別の見方では、変化に弱いということ、あるいは、流行や年相応ということに無頓着だということもあるのですが。。。

鉛筆と消しゴムと下敷きというセットが安心感を生むわけで、小さいころからの繰り返しが重要なタイプの人たちだということがわかります。発達障害の人の価値観を予想しやすい、なので接しやすいという風に僕が思う一つの証左かもしれません。

###

発達障害の強みを活かした就職・活躍を!
Kaien新宿・横浜・秋葉原 (池袋計画中)
小中高生向け 学習支援&お仕事体験プログラム
TEENS新宿・横浜 (秋葉原計画中)
発達障害(含・疑い)の大学生向け 学習・就活支援
ガクプロ (秋葉原と新宿で開講中)
この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ