コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

イチロー選手が方向音痴な件

当社について。まずは利用説明会にお越しください。採用情報も下記から。

——–

また有名人ネタです。夕食食べながらYahoo!ニュースを見るという悪い癖があるのですが、そこで以下のような記事を見つけました。

イチローの意外な真実 「僕よりひどい方向音痴いない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00000076-dal-spo

記事によると、

かつて所属したシアトル・マリナーズ、ニューヨーク・ヤンキースでも愛車で自宅と球場を往復していた。いずれも初日の話だそうだが、イチロー本人によると、シアトルでは通常20分の道のりを1時間半、ニューヨークでは15分の道のりを2時間かけて帰ったという。「今回は15分のところを40分ぐらいで済んでるけど、予習してるからね。ヒドイです」と笑いながら明かした。 「とにかく方向感覚がない。(体内に)GPS機能を全く備えてない」

何度聞いても信じられない話。イチローも人の子というわけだ。

とのこと。

一応野球ファンです。少年野球では1番ショートでした。西武球場(もちろん当時屋根なし)当時には西武ライオンズファンクラブ(当時は消費税はもちろんなく確か児童の年会費が2000円だった)に、西武沿線の駅に2月1日(たしか入会できる初日)にいってキャップなどその年のグッズをもらって家にご満悦で帰ったタイプです。プレーだけではなくなぜか小2の時には独学で野球のスコアブックを付け始めていましたし、若干筋金入りでもあります(※自分史の中で、8歳でなぜスコアブックを一人で勉強し始めたのかはよくわからず、最も奇天烈なエピソードだと思います。。。) 

ということで一般以上には野球ファンですので、(日本でも米国でも球場で雄姿は見ていないのですが)イチロー選手のインタビューやドキュメンタリーはプロとしての心構えなどかなーり勉強になるのでしばしば見ています。それを踏まえてこのニュース(方向音痴)を見て驚くか?

いえ。驚きません。むしろ、やっぱそうなのか。

という感じです。

他にもエピソードとしては「牛肉のたれが弓子夫人が切らしたときがあって、一滴だけほかのブランドのたれを混ぜたら、『あれ?いつもと違わない』と指摘して、夫人をびっくりさせた」という話とか、有名なカレーとかうな重とか「予想と同じ味のするものを食べないと落ち着かない」というところとか、感覚過敏的な話もあります。明らかに強い能力の凹凸があるタイプだなというわけで、当社に来る人が良くある方向音痴系は何というか、納得感がありました。

###

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ