コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

2枚目の鏡

今日はキャリア相談会。参加はお二人だった。

終了後スタッフと会話。鏡の話をした。

Kaienに来る自閉症スペクトラムの人は「1枚目」の鏡は理解している人が多い。リアルな鏡、つまり普通の鏡に映し出されるところの、自分の髪型や服など容姿のことである。この視覚で判断できる情報については、自己評価が他人からの評価と大きく違っていることは少なめ。小綺麗な人が多いというわけ。

ただ、いわゆる定型発達の人と自閉症スペクトラムの人との違いは「2枚目」の鏡のクリアさ。つまり行動や発言について他人がどう判断するか、というのも含めてその人の「姿」なのだが、この2枚目の鏡はお金を払えば手に入るものではない。経験の中で各人が獲得していくものである。

2枚目の鏡は見えない

2枚目は当然「定型発達」と言われる人でも、他人になれるわけではないので、完璧なものを持っている人はいないであろう。ただその鏡のクリアさは高い事が多いと思う。しかもなんとなく物心ついてから仕事を始める年頃までにはある程度完成されている。

一方で自閉症スペクトラムの人は意識をしないとこの2枚目の存在に気づかなかったり、なかなかクリアにできないことが多いようである。Kaienのキャリア相談会ではこの「2枚目」の鏡になることを考えている。なので結構ずけずけとこちらの判断をいうことがあるのだが、かえって参加者にはだいぶ喜んでもらえたりする。

そんなことを感じた土曜日でした。。。

Kaien会社ウェブサイト  http://www.kaien-lab.com
ニュースレター登録  http://bit.ly/awLJVz 
「自閉症スペクトラムの方向けのキャリア相談会」申し込み  http://bit.ly/985ume
###
この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ