コーポレートサイト : 株式会社Kaien
MENU

ウェブサイトだけではわからない! Kaienの空気感・業務内容・スピード感3回目となる会社説明会を開催

 週末、会社説明会を開催しました。今回は15人の方に参加していただきました。新卒での応募を考えている方から50代の方まで幅広く。職種も子ども向けから大人向け、相談支援に興味の有る方まで。反省は医療福祉の資格が無いと働けないと勘違いされた方がいたところ。資格を持っている人はごく一部ということをこの場で強調しておきたいと思います。プレゼン…次回は修正します。

 参加したから頂いた声が、励みというか、とてもありがたく思いますので、一部紹介させていただきます。次回の会社説明会は 2017年8月となります。

参加した方の声から

発達障害に特化するサービスの強みを理解できました。訪問前、ウェブサイトで拝見した情報では得られない、現場の空気感、業務の内容、スピード感などよくわかりました。個人的には社員に求めるものは自分のキャリアイメージそのものでした。未経験の業界ですが働けるイメージが持てた気がします。

 

小さい頃から小学校の教員になることを目指して、高校も大学も目標を決めてやってきました。しかしボランティア先の学校や教育実習先の学校の子供達を見て、気になる子どもは少し他人と違っていたり、なにか困難を抱えているような子どもで、力になることは出来ないかと考えていました。学校の先生は授業をしなくてはならないため、まず授業準備。一人ひとりの子どもの遅れや変化に気づけ無い、またその対応が十分にできないように私は感じました。それがもどかしくて、もやもやしていて、直接LDやADHDの子と接して、一人ひとりに合った何かを自分が提供できることはないかと思っていました。

そんな私にとって今日のお話はすごく魅力的でワクワクしました。たくさんの人から求められる場だと思いました。

 

社長自ら会社としての考え方や方針について生の声として伺うことが出来てとても有意義な時間でした。Kaienのことは以前から知っていて、ずっと気になっていました。今日参加させていただいて、更にその考え方やスタンスに強く共感しました。当事者の方の発表(※)もとても感動的でした。

※当事者発表: 当社を利用している側から見たKaienやスタッフについて”当事者”から採用説明会で10~15分を使い話してもらっています。

 

介護施設で働いていたときとてももやもやしていて、それをうまく言葉で言い表せなかったのですが、今日説明を聞く中で、「嘘がない」という言葉を聞いてそこなのだと思いました。福祉の困っている人を元気に!励ます!ポジティブ!という雰囲気が私は苦手なのだと思います。HPでのイメージは熱血系なのかなと思っていたのですが、今日参加してみてさっぱりとした会社なのかなという印象を受け、非常に働いてみたいと思いました。

【参考】採用情報

この記事をシェア / ブックマークする
Google+1
はてブ
あとで
Line
ページの先頭へ